Sakuraドロップス薄毛_いち

私は

私は

で>している静かな美春

は静かな春の夜

p>を待っていると<想いのしん

あなたには私があなたに1首の詩を書くことを書くことを許して下さい

この夜

風の長い回廊にいる

私は命をともって

とともって<P>ですは胸の中の炎と祝福<P>を祝福しますPはちくちく雨音

に伴うPはあなたにことづかって

をあげてこの再恋愛の季節は

では私はあなたと私の未来

を見て,またあなたと私の未来

を見て私の想いは朝の露の

ですPは日差しのぬくもり

を渇望している私は氷結の心を溶かす

を溶かしました私は,靑石橋

であることを願いますp>にある<を五百年

あなたのためにただあなたの歩いているだけではないですp>,
;を掛けて<恋恋暗い街燈の下で

Pは、囁くささやきでたくさんの昔のことを訴えている

雨が降ると、少しロマンチックな

を加えました.p可愛い人よ

君はまだ迷っている

は何かをためらっているのか疲れた風に<P>と

君はまだ何かを探している

私は三月の春雨

には三月の雨が,薄毛、<ですpは六月の気持ち

です君が十二月の雪にはかなわないあなたの記憶は明るいです

月日ははっきりと私に教えてくれたあなたは私の一生の愛<P>は私の一生の愛<P>ですあなたがこの曲を書くのは<P>ですP過程ではまだ考えていない

はPエンディングはPと書いていまして私は迷いながら未来を見ないPは明らかに

がはっきり見えるあなたは私の一生の愛です