30歳男性は、8つの薄毛部位に健康的な健康を保つ

三十にして立つに30の男の人はたいていはもう結婚して、家庭の世話をしながら、知らないあなたも関心を持って自分の体?はあなたを覚えている最近歯医者さんはいつかこの一年であなたの視力変化事務室に座って何か?あるいはは車を運転するときは、バック不快感がありますか?は同級生コレステロールが高いと聞いて、自分もちょっと心配?もしこれらの問題もあなたの注意を引き起こすことができて,薄毛、すぐに行って体を検査するだろう.

に出る症状:視力が衰え、目が疲れやすくて、痛み、乾燥して、ぼんやり見て物体、恐らく光さえ、頭痛、吐き気の症状が同時に出現.

の検査の内容は:近視や遠視、弱視、乱視、緑内障や白内障、老眼、糖尿病網膜症.もしあなたは普段メガネやコンタクトレンズをかけて、もっとサイクル性チェック視力が必要です.

はいつ検査:正常な状況で、1年に1度の目の目の検査をして.糖尿病,高血圧、家族とみられる男性は、少なくとも1回目の目をチェックして.

p歯の歯

に出る症状:歯は、歯が緩み、歯ぐき出血、咀嚼困難、口腔の匂い.

の検査の内容は:虫歯、キバ結石、歯肉炎、歯週炎、歯根.

少なくとも半年に1度やって検査をして.

P症状:痛む、違和感があります.

の検査の内容は:背中が存在するかどうかを骨折、椎骨脱臼、ヘルニア、筋肉や靭帯傷ついて.必要時は血液検査必要検尿、バック不快かどうかの臓器の病理の変化について.

p>背<いつチェック:往々にしては一種のヒントを教えて、あなたの体は問題を出しましたが、症状が現れ、直ちに医者にかかる.

性器<P>になるかもしれない症状:睾丸は腫大、内は腫れ物,金玉が痛みます.

を通じて検査の内容は:睾丸検査、血液検査、検尿などを通じてがんが存在するかどうかを検出.

いつ検査:自粛は検査睾丸がんの主なルートは、最高の保証は一ヶ月に一度.初歩的に自ら検査して腫れて腫れて腫れて、垂れ下がる感を感じて、直ちに病院に行って更に検査をします.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です