薄毛は、洗髪方法に大きく関わって驚き!

薄毛の原因
薄毛とは、男女と問わず、いろいろな原因で髪が薄くなったり、毛の数が少なくなる状態をさします。通常、女性より、薄毛を持っている男性がもっと多いと言われていますが、しかし、最近薄毛に悩んでいる女性の人数は増えている傾向があります。薄毛は人々の外見を醜くさせるだけでなく、仕事や人間関係などにも支障をもたらすこともできますから、薄毛の原因を明らかにして改善方法を求めることは大切だと認められています。まとめて言えば、薄毛の原因は以下のようになります。

男性の場合、男性型脱毛症(AGA)のことが多い、それは男性ホルモンに密接な関係があります。男性ホルモンのテストステロンの過剰分泌は髪の成長を抑制し、抜けてしまうことになります。女性の場合、女性ホルモンの減少が原因と考えられて薄毛が起こることがありますが、それは女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれています。ホルモンの影響の他には、薄毛は不規則な生活習慣、頭皮環境の乱れ、またストレスにも大きく関わります。

栄養バランスが崩れた食事を続けると、体の不調の原因となるだけでなく、髪に必要な栄養も不足しますので、結果、髪が細く短いままに抜け落ち、薄毛の原因となってしまうのです。頭皮環境が乱れ、皮脂が過剰に増えたり、逆に乾燥によってフケが出ていたりすることが原因で毛根がふさがって髪の毛の成長に影響を与え、薄毛につながることがあります。ストレスは自律神経を乱して血行不良を起こします。発毛に必要な栄養は血液によって運ばれるため、血行が悪いと薄毛の原因になってしまうのです。

薄毛と洗髪方法
以上のいろいろな薄毛の原因の中で、頭皮環境の乱れになってしまう大きな原因は間違った洗髪方法です。髪の不潔、逆に過度の洗髪は髪の毛そのものに損害に与えるだけでなく、頭皮環境の乱れを引き起こすこともできます。更に間違った洗い方や洗い残しがあるようではしっかり洗いきれないだけでなく、頭皮や髪を痛め、薄毛の原因にもなります。それで、薄毛を予防するために、正しい洗髪方法を身に付けることが必要です。

洗髪方法を直して薄毛を改善しよう!
まずは自分に合うシャンプを選んでください。そして、洗髪前に髪の毛の長い人やからまりやすい人は、目の粗いクシやブラシで毛先から軽くブラッシングをし、ブラッシングにはシャンプーの泡立ちを良くし、髪の毛の汚れを落としやすくする効果もあります。シャンプー剤は適量を一度手の平で軽く泡立ててからシャンプーをします。シャンプー剤を直接地肌に付けると、刺激が強すぎてかぶれや薄毛の原因になってしまうこともあります。それで、注意してください。

また、シャワーで洗い流すことで、髪の毛だけではなく、指の腹で地肌も洗います。シャンプーの成分が地肌に残っていると、かぶれたり、毛穴がつまり、抜け毛の原因にもなります。更に流している間に、マッサージを行うと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です