肉を食べて、薄毛生姜は主役だと、孔子は冬食を食べることにして

鉄板英雄伝説『孔子』が近日公開になる.教育者、思想家という名前のほか、孔子は、養生保健専門家である.なぜこう言ったのか.戦乱の時代、彼は依然として73歳の高齢、現代というのも長命で、これは『論語』で体現している冬の飲食を紹介します.肉を食べない日超100グラム.肉は多く、人には勝てないと、肉は多く、お肉を食べさせないという.」席上の肉は多いが、食事の量を超えることはできないという意味です.野菜が少ないので、冬の食卓は常に肉の主役だ.現在、民間も鍋や羊サソリなどの飲食、それより肉料理の主な陣地となっている.南京中西医結合病院漢方科主任王东旭も語っていたが、冬には人が少ない活動,薄毛、肉類の食品が最も易は臓腑内積小児の消化不良暑くて、多く食べてかえって、体力低下.特に中高年は、動物性タンパク質が多く、カルシウムを体外に排出しやすくすると、動物性タンパク質が増加するようになり、動物性の
冬の一日提案大人肉を食べないほうが超100グラム.三九日間、ジンジャーをもっと食べて.論語は生姜食、多く食、食べないと.生姜の保健効果を高い位置に言及する.実は、三九は寒い冬には、ショウガの保健の効果をより良い.一番簡単な方法は食前または食後半時間半時間飲みに飲む紅茶.特に冬にはダイエットしたい人、あったかいの紅茶を飲みます、保温、また代謝率、体内の熱量を消費することができます.冬は食べてもいいですか.孔子は『論語』で食は食べないと、膾は細田がない.糧食は精を搗くて、肉は細くてよくなってよい.食品は加工過程でほとんどビタミン、ミネラル、その他の栄養の物質が失われて,通常は糖分とデンプンだけが殘します.実は、正確な理解は、冬の時、人々の活動量は著しく減少し、このときは野菜や肉を適切に細かいことに利益があって胃腸の吸収しやすい、そして食品の栄養の更に十分に有利に釈放して、体を熱.そのため、冬食保健の角度から、適当に調理過程を細かい,というのは、やはり非常に望ましいものだ.(南京中医薬大学の養生リハビリテーション研究室の主任郭海英)