発生率第3死亡率は最高、2種類の薄毛方法で早期発見で生存率が向上

に卫福部103年ろく月25日に発売される2013年に国の人の疾病を分析して、がんによる国人死亡の要因の一つ.その中で男性または女性、肺肺癌よりも、長年にわたって国人ガン死亡の首になり.による肺がんの原因はとても多くて、実は1950年代から吸うたばこ発見と肺がんは直接の関連は、国際保健機構の統計によると、毎年からたばこを吸って死者は600万人,薄毛、平均ろく秒いち個人でタバコ吸って死亡.タバコは、2030年には、毎年800万人が死亡、タバコに関連する病気になると、毎年800万人が死亡します.タバコ草燃焼後に発生する主な発ガン物質をタール、吸うたばこ者がこれらの有害物質を全部吸入肺のため、最も直接接触戒菸減少発がん物質の方法.

人の平均寿命は一般人が13~14年減少しているが、台灣の研究によって、タバコを吸って死亡する人数の中、約3割の人は肺癌肺癌、2割は心臓血管疾患による病気になります.アメリカ国Cancer prevention study II追跡百万人にろく年の時間を発見、毎日にじゅう支菸人肺ガン機会を吸わないタバコを吸う者の22倍、毎日41支菸以上の人が肺がん機会が増える45倍である.肺がんの発癌リスク戒菸ご年以降は大幅に減少しかしにじゅう年からたばこを吸う者と非たいして違わない.戒菸の効果でにじゅう分でできるように血圧に下がるはち脈拍は正常で、時間だけで血中酸素と一酸化炭素濃度まで下がって正常.

p>タバコ中毒<吸って最も重要な物質はニコチン、主要な影響中枢神経物質を生むことができて、心臓血管の収縮も,加速ときめきや升高血圧、胃腸道は胃腸蠕動に吐き気、嘔吐下痢.戒菸主によってのは自分の意誌力と根気が必要、まだ週囲環境と家族の支えが、初期戒菸ありますニコチン戒断症状、利用できる非薬物処理方法の改善.

また、ニコチン代替療法を通してニコチン戒断改善の問題、たとえばニコチンパッチ、ニコチン吸入、ニコチン咀嚼錠や口含錠が、急性心筋梗塞で2週間以内に、重大な心拍は全体でなく、不安定な狭心症、妊娠や靑少年もニコチンを提案する.もしニコチン代替療法の需要者は戒菸から専門外来協力を求める.

Pは、すでに2番目のがん、肺癌になり、肺癌第3位,何が発生率は高くないが、高死亡率の場合は?最も主要な原因は肺がんの大多数の発見の時、よく後期や末期、後期の患者に対して治療の反応は不振に伴って、しかもがんの問題を含む多く、腫瘍圧迫に気道閉塞、肺に感染して、肺外器官移転による器官不全や大量喀血など、すべてに影響を与える臨床に肺がんの治療.早期肺がん患者の手術は、頼れる切除愈ため、ただ筛检早期肺がんに達してこそ、早期診断早期治療の効果.

P早期肺癌肺癌は無

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です