男性はスツールにこだ薄毛わりがある

;;;忙しいOLが24時間は通常はこうして過ごした:はち~じゅう時間座ってコンピュータの前に時間はソファに座ってテレビを見て、またさん時間座って様々な交際場合乱酒……一日には、ほとんどの時間は座っている.これに対し、北京大学第一の病院の男性の科センター副主任医師と张志超,薄毛、長座動かない男性の性機能に影響を与える.座る,座席の温度、硬軟など、こだわりのある.冷熱には中位がない.前立腺温度に非常に敏感で、寒冷刺激を盆底筋肉の痙攣誘発前立腺炎.一方、睾丸は暑い、温度は35度の度を上回った時、精子の質を下げ、人の生殖機能に影響を与えるということだ.そのため、男性の冬は屋外で散歩、鍛錬にも、疲れたときは、疲れていると冷たいベンチに座って座って.また、サウナルーム、シャワー室などの暑いところ、男性も少なくなり.硬軟は適度に適度に.硬すぎるのベンチを増加する骨盤臓器受け押し出しの程度は、長い時間で盆底筋肉の機能異常、前立腺充血、さらに、前立腺炎.だから、よく自転車の男性がいいサドルの高さ調整し、座布団を使い低下サドルの硬度を回避し、前立腺圧縮.
;;;とても柔らかいソファは男性のお尻を全体がくぼんで、これもストレス度を込んで、しかも陰嚢囲まれ押し出して温度を調整して,正常にできないので、睾丸の温度が上昇し、生殖機能に影響が.だからもし家でソファにとても柔らかいならば、屋で一緒に少し硬い座布団.      ;;また、张志超は強調し、いずれにしても、長居してもよくない.そのため、タクシードライバー、オフィス一族の男性、40分おきに活動8~10分.特にタクシードライバー、座る時間が長い、座席温度もエンジンが非常に高く、ずっと車に乗って前立腺と睾丸に対してもメリットがない.そのため、ドライバーさんたちは、いくつかのお客様に、車を止め、新鮮な空気を呼吸し、関節に活動することを考えています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です