本を体現薄毛する心

p>と<よく細憶汝之初、少し美しい、例えば陽は風の如く積万思いは胸が、五味雑陳、喜多悲しいが、今振るの行く決意を体現するの筆をとって.

万籁无声、明月清风,心瀋兮、みんな夢、ただ目が覚めも、執筆手紙を届ける、紙の声は蔓延満屋.窓の外は樹影が揺れて、虫の三!”、過客の歩調は軽くて、ハーフムーンして彎.

南は喬木、北海はおとり、吾がはぬしがある.

p>汝今考え<透徹して、明応は学業との初代ならない異二心は非時のこともなければ、後日みたいに誤りがあり後悔しても遅い.今から勉強しあい、錐を引いて自ら刺すの勤も、学業をつくるの心が、一瞬三千の夜、今で水火の苦しみの境、危機一髪際に、吾の行事も考えても、今日の言葉は経再三考えで出して、愛情のない己は、汝可明ましたか,

吾は常にイラク侵略、情五臓六腑、情盤石移しません、固な泰山岿然、長年し,薄毛、動かないで、きちんと風雨にさらされて、今なおすでに清明透徹して、一目で万裏.愛は汝の心、天地が得るもの、そのはるか遠いものだが、その深いそう思って切り、重吾毎憶汝一回、無念乱離骨灰、申し訳ないが,世の中の万物はすぐに、唯汝独存も十分.

私はあなたを愛していて、どのように私はあなたがいない、孤独な1、孤独な単、意味は何ですか?

雨、初誌を変えない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です