振り返薄毛れば

pというのはやっぱり.冬の雪は厚くて、白い大地、き.歳月のシームに、緑のプレミア淺緑嫩呼吸が主流、北西側のほか、二度とあの涼しい嫂影.私は、依然として、この四季を駆け回っていても、味が変わる年輪年輪に.物語の中の景、道中中の風,
,ほこりの中の夢、一枚一枚に、もう一度、一枚一ページも落ちる事が風化した切妻壁、しわのしわ.

かつて海、はいないのに水を困らせ、ただ騒短いが仏祖の涎ねぶりの記憶は、総磨はその棱棱角、したがって、懐かしい、想像.醇はそれをしていると思っていたのである.揺れるのがひっくり返って思い出殘って黄色に紙、1枚は無彩色の白黒写真、夕日の窓から空を額縁に反射しているそれが変わった味の色、現実の夢の中で,薄毛、唇にたい、いつもその味を、一角のミントシロップアイスはまだ満足の手に、吸って;いつもあの味を殘したいと考えて、満は黒っぽいはまだ殘っている焼き芋の香り、耳に殘したい、いつその味が、試験の良い声で褒めて、喧嘩で罰の批判の声.

が、道中,私達はずっと忘れ過ちも、ずっと覚えている……

☟もっと知りたい情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です