手足口病薄毛患者を多数一週間で治る

手足口病は1種が手足の肌、口咽部ヘルペスを主な症状の児童急性伝染病.合併症がなければ、手足口病患者を多数一週間で治が、若合併肺炎や脳炎、心筋炎などの重症の合併症問題は深刻になった.彼は、子供が元気になって、不眠、激しい嘔吐などの症状が出て、早期に専門病院に運ばれて治療をしていることを早期発見しなければならない.

防除手足口病の食療の民間の処方:

p>
;民間の処方の1:ニンジン<いち条、ボウコンじゅうごグラム、さとうきびいち節、生ハトムギじゅうごグラム、毎日いち剤、煎茶水代茶.以上3~6歳の子供1人前線量を3~6歳以上にして、年齢に応じて増減用量を増減します.

効能説明:ニンジン健脾臓と胃、解熱解毒、透疹、降气咳を止める;ボウコン凉血止血を加え,薄毛、利尿、さとうきび解熱のぼせを下げる、解いらだちます;ハトムギの実の内臓を強くする利湿.この処方は補って、熱を下げて化肺健脾臓が濡れた効果が適用され、小児手足口病、はしか、水痘,幼児急疹、インフルエンザの易感人.

p>の民間の処方の2:<ご燈心草ゆえ、抜け殻3 g、キワタいち輪、鶏骨草10 g、痩せた豚肉gで、煲汤飲料.

効能説明:燈心草利尿通に濡れて、清心逆上をとる;抜け殻疎開風の熱い、透疹鎮痛、キワタの熱を下げて、濡れる、暑気を払って、利尿、鶏骨草解熱解毒.この方は疎し風が解熱、ウェット解毒の効果があります.

民間の処方の3:荷葉のかゆ:生の蓮の葉に枚、白米ごじゅうグラム、蓮の葉をみじん切り粥を煮て食べる.

効能説明:鮮荷葉か脾臓の血行をよくすること、暑気払い解熱.

3~6歳の児童1人分の線量は年齢によって適宜増減量を増減することができる

の民間の処方の4:米から仁じゅうグラム、インゲンじゅうグラム,緑豆じゅうグラム、共同粥を煮て食べる.

効能説明:米から仁清利蒸し暑くて、内臓を強くするとインゲンの中で、暑気を払う化湿;リョクトウ解熱解毒.このかゆ、内臓を強くする、祛湿、解熱効果.

民間の処方の5:紫根2豆粥:紫根って、緑豆、アズキ、うるち米、甘草それぞれ適量、おかゆ経口.

効能説明:紫根って熱を下げて凉血、透疹解毒、甘草補う中に益の息、解熱解毒.このかゆは甘いし、病気にも治療ができる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です