悲しい人は薄情な薄毛ことがわからない

月下潇笛が鳴って、昔の事、心の楽譜、吹奏痛みの思い出を殘し、涙の不完全な恋、種々の無力さがしの絆が、優柔不散,

江南の翠雨まま少女の娇柔濡れてその瀋黙年月;巴山の古道は依然として連なっでこぼこが絶えず、いつも無力行く;市井の喧騒もない寂寥をもっと増やし沒、少し寂しい.

一言一言は,昔の誓い徘徊耳に、少年と引き換えに軽く笑っでも雲煙場、滄海桑田は、伊早くは紅塵、脱ぎが少ない場合狂気.いつも、あなたは笑靨笑って、夏より雪の色は荷.あなたは歌のように軽い語、千糸たおやか声.あなたはか弱いて嬰児、ゲッカビジンの瞬時芳一を隠す.切れた情絃、もうカチカチがなくて、更に美琴の人はロフト人はロフト3千頌歌って歌いました.憔悴の顔かたちは誰の憐が現有?この街醉梦誰に伴う?一晩中白髪染めて誰かのため息がある?浮瀋生死の間で誰人の知識がありますか?ひとり殘紅塵、迷い歩いた花火の男.燈火闌珊処嘆くが,落花心有り情あれども流水意なし.寸歩の錯乱、生世の相待ち望みます;無限の輪廻を呪い、たり、碎心画面、秘蔵永遠……

に変わらない言葉を尽くして散る煙実,薄毛、浮き傷割.独りで寂しげな姿だけを殘して明け、単砕花憶往生する.衆親捜し数海天、沽酒飲から半に溺れて.誰かわからない问心一途に思う心漢、多情ど交換薄情な人.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です