友達は、この薄毛ようにはぐれている

p>で<文友には一言歩いているうちに散歩しました、突然眠りませんで友達の動きが,更に適切.歩いて行って、友達と一緒に歩いて、1路は同行;散、説明はすでに見知らぬ人、仲間割れ.その間に何を経験し、友達がはぐれてしまったのか.

p>と<転げ同じ塹壕の友達、突然ある人は昇進.は不本意なことが、地位、境遇に変えて、思わずさをマスターして、慣れた役人風をふかす忙しい接待、変わった旧好き,薄毛、自然で生の優越,令は足踏みの友達、どうしてもかすかに落ちて、ひっそりと距離を置く.役人になって名声が重要だ.かつての友再気ままに失儀損した、名望;もしまた一つ鍋の物を食う、流出隠密;もしまた叩けよさらば開かれん、違たルールと遅れました;前途.故に、孤立無援になっても、疎遠に高所孤独感、勝.

p>と<食事を食べ、衣を着れると、同眠りの患難友達、本当にある日苟富贵相忘るべからず.金持ちの友達、食べて美味しくて、着ブランド、住むある豪邸、行が高級車、随に家政婦が贅沢で豊か.たまには一蓮托生、どうしても旧友都は目恥ずかし田舎は口恥ずかしさせ、略感で、友達にひけらかす瑟、そうこうしているうちに、自離れ.諺によると:ほど金があって、越しみったれる.金持ちの友達、羊は、恐らく餓狼;になったスイカは、恐らく分割.そこで出会って逢えば五厘の損がいくの旧友をあげ、門前払い、貧乏を防ぎ友達、日が長くなっては仲間割れ.

あの日ホームで別れて、友達はすぐに蓬莱弱水の隔たり、または一生難しい再会.かつての過去といい、今の相思と懐かしさ、未来の期待と想像、たまにぶり時空会話で繰り返され、咀嚼を失っていく言及、味が淡白である、抜けた色が白く.そこで、かつての誓い山埋もれるされ、海に沒し、新しい友達、新しい輪そっとを生み、フェード生活の旧友容貌薄れて、環境は日に日に見知らぬ;偶然に出会った、長いうんと音がして、まだ名前がわからない.感嘆:天涯は隣、知己は海外から.

光尻朋友、まだ連絡何人?各各、各銀行における各物も、非非;連絡を保つのは思い出で子供の幼稚腕白で、今の仕事と家庭を聞いて、恐らく難しいから親交.忘年の交わり、どのくらい維持することができますか?年上の人との付き合いに陥りかねない、あの時代の人、事、理の迷局、不明だから、心生抑えて、若い人と付き合って、恐らくまたを進れる火星文、Hip-Hopの迷阵、さっぱり分からない、分からない.時代の大手、本当に無情にかんなを掘り起こして縦横に、深さなくて、実に難し越えの溝は友人を隔離一つ又一つの時代.

友達から見知らぬ人に、時にはすぐに1つの話、1件の事、1件の事、一時の情.以上は友達は何を思って言っていいか、口がもとであるが、他人の気持ちをよそに、毒舌と突いて人も弱点、半期人傷、汚れ人顔、こんな一言、辱めた友達名.友達はそれ以上、助太刀をする、一肌脱ぐ;しかし本当に遇ことは、まず自分>顧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です