あなたが認知しましたか?認知症の薄毛迷思筛检相談

♦白明奇

何年か前に町民衆に宣伝認知症の時、いつも冗談を言ってみると、認知の人口は年々上升し、かもしれない日はないの挨拶の言葉ごちそうさまでした.最近はいいですか?でなく、「認知ましたか?と

に衛生署2013年よんしよ月じゅうに日のニュース原稿を依頼、同署は台灣の認知症協会が実施し、民国ひゃく年から101年末に全国認知症盛行率調査は、ランダムサンプリング全台の65歳以上の人口資料、専門訓練の実地家户外勤記者訪問視、共访查28、600戸、完成はち、337調査、終わっ29.15%訪問率.インタビューを受けたはち、3人の中で、「台灣は65歳以上の高齢者の軽度の認知症患者の計414人以上、その盛ん率は4.97%、つまりは65歳以上の高齢者にじゅう人にいち人罹患認知症、ツイ評価全国65歳以上の高齢者に罹っ認知症者と共にじゅうさん万人近い.と

p>と<衛生署も披露し、「認知症に関する政策措置に応じて、その中、高齢者や認知人口は急速に増加し、計画に関する資源を統合し発展して、多元コミュニティ式認知長照サービスネットワークを立案長照サービス網計画、未来ご年内には全国地域区分、結合卫政資源,それぞれ「認知介護資源;資源の計画を提供する認知専区、選択機構を含め、認知症日間世話サービスなどを続けて訓練認知症の品質専門看護する人力、認知症予防の知識と技能、長い期介護専門人材を養成コース.と

また、長い照十年計画をも提供して認知症介護者基本喘ぐ家庭サービス、「協力の世話を失できるか認知民衆の家族介護者が必要として、休みを獲得して、世話をしているセンターまでオタク評価を経て、評価は軽度の認知できるか、失うの案の家庭介護者、毎年最高可獲得じゅうよん日喘ぐサービス;重度の者は毎年21日を獲得できる喘ぐサービスの補助.この数年間の努力,政府機関は、ようやく一部のアドバイスを受けているということです.

に戻れ認知症の盛行率この議題に、もしご代を分けて、65~69歳人口の認知症が盛ん2.98%率は、ななじゅう~74歳人口の認知症が盛ん2.85%率は、75~79歳人口の認知症が盛ん6.72%率は、はちじゅう~84歳人口の認知症盛行率は11 . 6%、85~89歳人口の認知症が盛ん20.31%率は、きゅうじゅう歳以上の人口が盛んに率は34.08%認知症.筆者の絵を成長条図,薄毛、はっきり見える認知症が盛んに従って年齢層の増加率を増加して、ただ65~69歳のこの組の盛行率は少し高於ななじゅう~74歳組、常識に反する.

1篇のニュースの原稿はまだ言及して、我が国の65歳以上の人です