薄毛の原因について

日本人男性の3人に1人は薄毛を気にしているといわれています。近年は、女性の薄毛の悩みも増加する傾向にあります。背景には、ホルモンの影響、遺伝的要素、食生活、ストレスなどの理由が考えられています。

髪は頭部を直射日光や暑さ寒さから守り、外部の衝撃から保護するクッションの役割を果たしています。髪を含むすべての体毛は、伸び続けるわけではなく、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい毛が生えてくるというサイクルをくり返します。これをヘアサイクルといい、「成長期」「移行期」「休止期」の3期に分けられます。

頭髪の量が減って地肌が見えてしまう状態です。本数は変わらないまま毛が細くなる場合と、抜け落ちて本数そのものが減ってしまう場合があります。髪の本数を平均約10万本として計算すると、1日に50本から100本は自然に脱毛していると考えられますが、150本以上の状態が続くようなら、病的な抜け毛「異常脱毛」といえるでしょう。

薄毛の原因としては4つの説があると一般的に言われています。それは血液循環不良説、髪の毛は毛乳頭にある毛細血管から栄養を補給されて成長します。血流が悪くなると成長が鈍り、髪の毛は抜けやすくなります。男性ホルモン説は遺伝的に男性ホルモンに影響される感受性を持つ人にみられます。男性ホルモンの影響で、毛乳頭細胞の分裂が抑えられると考えられています。脂漏説は皮脂が異常に多く分泌されると、毛穴が詰まったり、皮膚に炎症が起きるなど、髪の成長を阻害します。頭皮緊張説は成長などにより、頭皮が突っぱって頭蓋骨と頭皮の間の血管を圧迫することにより、血流が悪くなって毛乳頭細胞の活動が低下するといわれています。これらの4つのうちのどれかひとつが薄毛の原因とは限りません。複数の原因が互いに影響しあっている場合も多いと考えられます。

男性ホルモンなどが主な原因で、軟毛化「毛の数は変わらなくても、太く長い毛が再生せず、細く短い毛に置き換わる」が進み、薄毛になる状態です。軟毛化は、ヘアサイクルの成長期が短縮され、毛根が小さくなってしまうことによって起こります。

早い人では20歳代前半から始まります。ただ、男性が誰でも若くして薄毛になるわけではなく、遺伝的な素質に加え、ストレス、食事、生活習慣などの影響も大きいと考えられます。なお、男性ホルモンは、髪は薄くする方向にはたらきますが、ひげや陰毛などは濃くする「硬毛化」方向にはたらくと考えられています。

薄毛の予防について
髪を育てるヘアケアをしてください。例えば、頭皮の清潔が大事といっても爪を立ててゴシゴシ洗えば頭皮を傷つけてしまいます。必ず指の腹で、髪よりも頭皮を意識して洗いましょう。また、シャンプー成分が残っていると、フケやかゆみの原因になります。すすぎは丁寧に行いましょう。また、肌に合わない成分はかゆみや腫れを起こす恐れもありますので、そういった成分が配合されている商品は避けるようにしましょう。できれば、シャンプーも髪や頭皮に刺激の少ない、弱酸性でアミノ酸系界面活性剤使用の商品などがおすすめです。

髪に優しい生活習慣を育てましょう
例えば、不規則な睡眠、喫煙、過度の飲酒などは、髪の健康に悪影響を及ぼします。特に、夜は育毛を助ける副交感神経のはたらきがもっとも活発になり、髪がよく伸びる時間といわれています。生活のリズムを整えて十分な睡眠をとるようにしましょう。

特に髪によい食べ物というのはありません。髪の毛の主成分であるタンパク質、髪の生成に必要な鉄や亜鉛などビタミン、ミネラルを含んだ、バランスのとれた食生活を心がけましょう。過度なダイエットも髪には禁物です。また、ストレスで自律神経やホルモンバランスが乱れると、頭皮の血流が低下し、毛根に栄養が行き届かなくなります。適度に運動したり、夜にはリラックスできる時間を持つなどして、過度なストレスをためないようにしましょう。

頭皮は皮脂分泌が盛んですが、洗髪しないでいると過剰に分泌された皮脂に汗やほこり、フケなどが混じり、雑菌が繁殖して頭皮に炎症が起こり、髪の成長に悪影響を与えることがあります。頭皮は常に清潔に保ちましょう。

オススメ情報サイト

Ⓞシアリス解説 – 高血圧で糖尿予備軍~。シアリスを飲みつづけたせいか効き目が落ちた気がします。シアリスに対して抗体のようものができたのでしょうか。 シアリスの体験談を揃ってみると、効き目が長続きすることがよく書かれています。

Ⓞ社会人になってからは一人暮しでなにかと大変で、いつもストレスを感じていたのです。彼女媚薬との付き合いは、よい息抜きになるので、精力剤とともに末長くお付き合いできたらと思います。

  • 27th 11月, 2015